メインロゴ

初めての浮気調査/不倫相談で悩む方に、相談から解決までの準備、事例や方法などの情報を提供しているサイトです

浮気調査のご相談フォーム

24時間無料通話 ご相談窓口

0120-504-432

妻の浮気調査|慰謝料請求するには?【探偵に依頼することで安全に浮気の証拠収集を!】佐賀県神埼郡吉野ヶ里町の相談窓口

 2021-05-15

妻の浮気調査|慰謝料請求するには?【探偵に依頼することで安全に浮気の証拠収集を!】佐賀県神埼郡吉野ヶ里町の相談窓口

妻の浮気調査|探偵に依頼し安全に証拠収集をー佐賀県神埼郡吉野ヶ里町の相談窓口ー

妻が浮気していた!?

証拠を掴みたいけど自分では難しそう…

 

安全に確実に調査するにはプロにお任せください。

 

 

個人で浮気調査を行うことは、リスクを伴います。本人に気づかれてしまったり、気付かぬうちに犯罪行為をしてしまったり、というケースも耳にします。

更なるトラブルを避けるためにも、まずはプロに相談してみましょう。探偵は、探偵行法に則り調査をしているため、リスクを避けて効果的な調査が可能です。

このサイトでは、安全で確実な浮気調査の方法、調査の流れなどをご紹介しています。

 

▶︎安全な妻の浮気調査 -佐賀県神埼郡吉野ヶ里町- の相談窓口

▶︎妻の浮気を疑い始めたら確認すべきこと!

▶︎妻の浮気調査 慰謝料請求をするには?

▶︎妻の浮気調査 調査依頼方法

 

 

浮気調査は違法ではありません。

探偵会社は、警察を経由して公安委員会に「探偵業開始届出書」というものを提出しています。探偵業を営むにあたり、しっかりとした契約に基づき調査行為をすることを認められているのです。

定義)

第二条 この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。

【引用:探偵業の業務の適正化に関する法律 第2条

 

もちろん、「探偵業届出証明書」持っていたとしても、どんな調査をしてもいいわけではありませんが、違法行為のボーダーラインを理解しているため、犯罪になることはありません。個人で行うと、犯罪に触れてしまう調査もあります。調査は依頼者と探偵が、足並みを揃えて、進めていくことが大切です。

探偵業届出証明書を持っていない悪徳業者もいます。必ず、依頼前に信頼できる探偵であるか確認しましょう。

 

 

妻の浮気を疑いはじめたら確認すべきこと!

スマホや携帯の「使い方」をチェック

パートナーのスマートフォンや携帯の使い方に変化はないでしょうか?例えば今までかけていなかった暗証番号を設定したり、スマホを気にして取り出す回数が増えたりしていないかを気にしてみます。着信音を出すのを止めたり、メールの送受信履歴を消去したりしている場合も浮気していることがあります。共用のパソコンに触らせてくれない、閲覧履歴が消されているような場合も注意した方がよいでしょう。

 

身なりや行動の変化をチェック

パートナーが背を向けて寝る、キスや性的関係を拒むなど態度が冷たくなったときや、逆に突然優しくなる、身体を鍛える、香水をつけるなど身なりに気をつけるようになったときは、浮気を疑った方がよいかもしれません。会社からの帰宅時間が遅くなる、聞かれてもいないのに自分の予定をはなしてくる、浮気の兆候の可能性があります。

 

 

持ち物の変化をチェック!

パートナーの持ち物に変化があるかも気にしてみましょう。財布の中に映画のレシートが2枚入っている、テーマパークやラブホテルのレシートが入っているのは浮気相手と一緒だったからかもしれません。車に知らない場所の高速道路の領収書がある、ガソリンの減りが早いなどのときも浮気が疑われます。パートナーにしか開けられない鍵付きの場所が増えた、いつも開いていた引き出しに鍵をかけたなどの場合も、秘密にしたいことがある可能性があります。

 

 

p> 

 

浮気調査の相談、見積もり 調査依頼 フリーダイヤル案内 佐賀県

浮気調査 フリーダイヤル・無料通話 0120-504-432

 

浮気調査 お問い合わせフォーム

 

妻の浮気調査|慰謝料請求の証拠につかえるものは?

慰謝料を請求するためには、浮があったことを証明する証拠が必要です。証拠の種類によって有利度が変わるので、できるだけ浮気が認められやすくなる証拠を集めましょう。不貞行為が推測できる証拠があれば、慰謝料請求が有利になります。

 

① 写真や動画

パートナーと不倫相手とが写っている写真や動画は、十分に慰謝料請求の証拠になりえます。写真や動画には撮影した日付を入れておきます。ホテルや浮気相手の自宅などに出入りしているシーンや、不貞行為またはそれに近い行為の写真や動画があれば、裁判で有利になるでしょう。

 

② 電話の履歴や通話記録

パートナーが不倫相手に電話したことがわかる通話記録だけでは、慰謝料請求の証拠としては不十分です。できれば通話内容がわかる録音物や、不貞行為・肉体関係の事実が推測できる通話記録があると有利になります。手帳や、携帯のスケジュールにも不倫相手と会っている日付などの記録が残っていれば、慰謝料請求の証拠として取っておきましょう。

 

③ メールやLINE・SNSの内容

メールやLINE、SNSなどでパートナーと浮気相手がやりとりした記録は、慰謝料請求の証拠になりえます。不貞行為が確認できる内容であれば決定的ですが、そうでない普通の内容のものは証拠能力が低めです。あとで改変できるスクリーンショットではなく、画面を撮影した写真が有利です。1回よりも複数回、なおかつやり取りの日付が入っているかも重要です。SNSもアカウントがパートナーや浮気相手と証明できれば、アップされているツーショット写真も証拠となりえます。

 

④ 不倫相手と出かけた場所や、商品の領収書

パートナーが不倫相手とともに利用した場所の領収書やレシートは、多く集めることで状況証拠を固められます。やはりショッピングやレストランでの飲食など日常的なものよりは、浮気相手の下着やアダルトグッズの購入、ラブホテルの宿泊代のような肉体関係が推測できる領収書の方が、証拠として確実です。そして1回だけではなく、複数回利用したとわかると証拠能力はさらに高まります。

 

 

妻の浮気調査|慰謝料の請求期限は時効がある!

慰謝料請求には時効があることを知っていますか?

法律では浮気や不倫関係が始まってから20年、または配偶者の浮気相手や浮気行為を知ってから3年間のいずれか短い方が時効になります。

慰謝料の時効は止めることが可能です。焦らずに行動を起こしましょう。慰謝料を請求する内容証明郵便を送付すると時効が6か月間引き伸ばせますし、離婚裁判を起こせば時効までのカウントダウンを止めることができます。

 

 

 

浮気の証拠がないまたは少ない場合でも慰謝料は請求できる?

慰謝料請求に有利になる証拠が得られない、または手に入れた証拠が少ない場合でも、弁護士に協力してもらうことで慰謝料を請求可能です。例えば電話の通話記録やメールやLINEのやりとりは、決定的な浮気の証拠にはなりえません。ですがカーナビやドライブレコーダーの走行記録やクレジットカードの利用明細、ホテルや飲食店のレシートなどの細かい証拠を集めれば、状況証拠を固めて浮気を立証できます。

 

 

浮気調査のご相談・お問い合わせ

浮気調査の目的・費用・調査手法の確認

浮気調査は相談者によって知りたい事柄が異なり、また情報量なども違う為、調査手法も多岐に渡ります。浮気調査の調査内容の規模によっては料金や期間も異なりますので、知りたい事柄をできるだけ絞り込み、本当に必要な情報を調査によって入手することをお勧めします。

 

浮気調査依頼に必要な書類


浮気調査のお申し込みには下記の3つの書類が必要となります。
・調査委任契約書(費用や期間など契約に関する内容)
・重要事項説明書(探偵業法を含む重要事項の確認)
・誓約書(調査結果を不当な理由で利用しないお約束
以上3点 ※身分証明書の提示(本人であることの確認)
 

トラブルのない浮気調査依頼をするためにも、充分な打ち合わせの元、依頼申し込みを行う必要があります。

 

悪徳業者の浮気調査に注意


浮気調査を行う探偵会社や興信所は数多く存在します。中には悪徳と呼ばれる業者による法外な料金を請求されることもありますので、注意が必要です。通常の浮気調査依頼で、30時間程度の調査に200万円以上かかることはありません。あまりに法外な請求をされるようであれば、見積りの確認を行いましょう。

 

まず”浮気問題の不安”を解消しましょう!

 

浮気調査の相談、見積もり 調査依頼 フリーダイヤル案内 佐賀県

浮気調査 フリーダイヤル・無料通話 0120-504-432

 

浮気調査 お問い合わせフォーム

浮気の証拠集めを探偵会社に依頼するという選択肢

ご自身で浮気の証拠を集めるとなると、限界があります。特に浮気をしてる決定的瞬間の写真をなどを得るのは難しいです。また、証拠集めがパートナーに悟られてしまったら、警戒されて、よりバレないように隠そうとする可能性があり、証拠収集の難易度も上がります。安全で、確実に証拠を集めたい場合には、探偵会社に浮気の証拠集めを依頼するのが大変有効です。探偵会社での依頼は、費用はかかりますが、確実に有利な証拠を手に入れられます。探偵会社に依頼する際には、契約条件と費用を事前に必ず確認することが大切です。

まずは無料で相談することも可能です。一人で悩む前に相談してみましょう。

全国無料相談 フリーダイヤル0120-504-432 24時間対応

調査依頼基礎知識に関するご相談はこちら

 0120-504-432 24時間無料通話 ご相談窓口

メールフォーム